検索

「豆腐のカプレーゼ風   カツオ塩仕立て」

更新日:2021年10月14日



「豆腐のカプレーゼ風 カツオ塩仕立て」


カプレーゼとは、トマト、モツァレラチーズ、バジルを組み合わせたイタリアのサラダ。

これを豆腐でアレンジしたヘルシーレシピです。

カツオ塩はストックしておくと、何かと使えて栄養面でもサポートしてくれます。

鰹に多く含まれる『ヒスチジン』は必須アミノ酸の一つで、成長を促進する効果、ダイエット効果、脳神経を保護して記憶能力向上効果、嬉しい効果がたくさんあります。成長期の子供は体内で作る事が出来ない成分なので、食事で補う必要があります。


材料(4人分)

豆腐             1丁   

ちりめんじゃこ        16g

シュレッドチーズ       20g

トマト(小)         1個

オリーブオイル        小1

バジルの葉          1~2枚

カツオ塩           適宜


カツオ塩の材料と作り方

かつお節           10g

粗塩             大さじ1

*ミルに材料を入れて細かく粉砕する。ミルがなければすり鉢でする。


① 豆腐は1丁を4等分にしてから厚みを3等分に切る。


② 耐熱容器に豆腐を1枚敷き、ちりめんじゃことシュレッドチーズを載せて豆腐を重ねる。もう一度同じ事を繰り返す。


③ 薄く輪切りにしたスライストマトを載せて、崩れないように上から楊枝を刺して留めて、180℃に予熱したオーブンで10分焼く。


④ 器に盛り付けて楊枝を抜き、オリーブオイルを垂らし、カツオ塩をかけて、バジルの葉を載せる。


閲覧数:29回

最新記事

すべて表示