top of page
検索
  • 執筆者の写真Kanako

新しい年を迎えて

2024年は年明け早々に大きな災害に見舞われ

今なお懸命の捜索が行われ、避難所で過ごされている多くの方がいらっしゃいます。

避難所生活が長引くにつれて、さまざまな問題も生じてくると思います。

被災された皆さまの健康状態が保たれることを祈りつつ、

仮設住宅の設置など、プライベートが確保できる生活環境に一日も早く移行できることを願います。


離れたところに住む私たちには、私たちが健全な経済活動を回すことが巡り巡って遠方からの支援になると信じ

自分に出来ることを精一杯行ってまいりたいと思います。



本日のInstagramとFacebookには、お正月用に作った「ほうじ茶黒豆マフィン」について書きました。

バターに負けないような濃さのほうじ茶パウダーを加えてフレーバーをしっかり感じるようにして

カリカリ食感と香ばしさを出すために胡桃はローストしてから生地に混ぜ

栗の甘露煮は存在感を出すために刻まず丸ごと一粒ごろっと入れて

全体のバランスを崩さない程度に黒豆を散らして、、、、



一つのマフィンを作るのに、それぞれの良さを消さないように

それぞれの素材の大きさや加える量を決めていきます。



素材や調味料を加えるタイミングは、素材の状態を確認して「今」という時を見計らったり

お互いを引き立て合うような素材の組み合わせを選んだり

火を入れ過ぎて素材をダメにしないように気を付ける。


私が料理やお菓子を作る時に大切にしている事なのですが、

それは人間関係を構築する上でも大切な事だなぁと、ふと感じたのです。

それぞれに思いを寄せるからこそ、上手くいく。

大雑把でも仕上げることはできますが、丁寧な思いが有るのと無いのとでは、仕上がりに差が出てきます。


また会いたいと思う人

また食べたいと思う味

どちらも私がこれからも目指していくところです。


ちなみに、このほうじ茶黒豆マフィンは、腸活おやつとしてもおすすめです♪

黒豆も、栗も、胡桃も、ほうじ茶も、食物繊維が多く、食物繊維以外にも効果的な栄養素を含む食材。

食べたいものを我慢しない、ストレスを溜めない、幸せを感じてリラックスする、とても大切な事です。

心も身体も健康であり続けることが、みなさまのパフォーマンスを上げる基本。

なりたい自分になるために、やりたい事をやるために、今年もいちねん頑張ってまいりましょう!


今年もよろしくお願いいたします。

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示
bottom of page