top of page
検索
  • 執筆者の写真Kanako

インスタライブのレシピ♪


時間を調整してご視聴くださいましたみなさま、ありがとうございました♡


インスタライブでは、かんたん腸活おつまみ というテーマで

お酒を飲んでも腸活できる!と力強く?発信しました。


今回フィーチャーした食材は「切り干し大根」

食物繊維やオリゴ糖、カルシウムが豊富、常温で長期保存できて使い勝手が良く、腸活にも最適。


水に浸して戻すと、栄養も甘みも水に流れてしまうので、さっと洗う程度で使ったり、さっと茹でるだけで充分です。

水で戻したときは、戻した水で煮たりして栄養を捨ててしまわないようにしましょう。


今回インスタライブでご紹介したレシピは2つ。


1,チーズがカリカリ♪ 新玉ねぎと切り干し大根のチーズ焼き


調味料は不要。チーズとちりめんじゃこと桜えびの塩気で充分!

桜えびは、コスパの良い小さなサイズでOK.。


蒸し焼きにされた新玉ねぎと切り干し大根の甘味がとーっても美味しいのです。

この甘味が、腸内細菌のエサになる「オリゴ糖」です。

食物繊維もカルシウムも豊富な腸活おつまみです!(もちろん、おかずにも)




【材料】 3個分

新玉ねぎスライス 30g

切り干し大根(乾燥) 9g

桜えび 3g

ちりめんじゃこ 9g

紫蘇千切り 1枚分

シュレッドチーズ 30g


【レシピ】

①切り干し大根はさっと洗ってぎゅっと絞り、キッチンバサミで2cm程度に切っておく。

②火をつける前に、フライパンの上に、シュレッドチーズ→スライスした新玉ねぎ→ちりめんじゃこ→①の切り干し大根→桜えび→紫蘇の順に載せて

蓋をして中火の弱火で5分焼き、火を止めて蓋をしたまま2分置く。


★盛り付けの時は少し冷ますとチーズが固まってフライ返しで扱いやすくなります。



2,切り干し大根と大豆の塩麹サラダ


大豆も大切な腸活食材です。

納豆や豆腐は食べても、大豆そのものを食べる機会は少ないので、

サラダに混ぜたり、スープに混ぜたりして、食べる機会を増やしていきましょう。


今回はドレッシングをヨーグルトと塩麴で作りました。

簡単なので、ブロッコリーやスティック野菜のディップとしても楽しんでみてください。


「おかひじき」にはカルシウムをはじめ、マグネシウム、リン、鉄分などのミネラルも豊富に含まれている野菜。

どれも骨を生成する上で欠かせない成分。

シャキシャキと食感もよく、彩りを添えてくれてる食材です。



【材料】

切り干し大根(乾燥) 30g

おかひじき 20g

茹で大豆 50g

*塩麴 小さじ2 15g

*ヨーグルト 大さじ1 25g

*オリーブオイル 大さじ1 13g

*カレー粉 少々


【レシピ】

①*印の材料をよく混ぜてドレッシングを作っておく。

②切り干し大根は熱湯で1分弱茹でてザルに揚げ、そのまま冷ます。

③おかひじきは熱湯に塩を一つまみ入れて、20秒茹でて冷水にとって冷やし、3cm程度に切る。

④①~③を全て混ぜ合わせる。


★切り干し大根をさっと茹でることで殺菌効果があるので、お弁当のおかずにも利用できます。

★ドレッシングの代わりに、マヨネーズにカレー粉を少し加えるだけでも◎


またインスタライブを行いたいと思っております。

是非、コメントや質問をリアルタイムで送ってください♪

閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page