検索
  • Kanako

カンジャンセウ「海老の醤油漬け」

昨年12月、新大久保の韓国のお刺身屋さんに連れて行っていただいて

そこで初めて食べたカンジャンセウが美味しくて♡

カンジャンケジャンは、鮮度の良いワタリガニを手に入れるのが難しそうだけど

お刺身用の海老は身近な食材で、赤海老ならリーズナブルなので

カンジャンセウなら家でも作れそう! そう思って、今年のおせちの新入りになりました。



簡単なのに美味しい、これ、おすすめです。

仕上がりの美しさと美味しさに繋がるので、海老の下処理は丁寧に行うことをおすすめします。


家族にも、親戚にも好評でしたので、これからも作り続ける一品になると思います。


【材料】

殻付きの刺身用の海老     20尾

長ネギ                15cm

にんにく               2かけ

とうがらし輪切り          適宜


*醤油                 100cc

*酒                  50cc

*みりん                50cc

*水                  50cc


【作り方】

①鍋に*の調味料を全て入れて火にかけて、沸騰したら火を止めて冷ましておく。

②にんにくはスライス、長ネギは短めの斜め切りにする。

③海老の処理をする。(ここを丁寧に行うと仕上がりがきれいで、臭みが出ません)

 海老の尻尾の先を斜めに切り、手足とひげや角も切る。

 殻の節の間から竹串を入れて背ワタを取り除く。


④日本酒を50cc程度(分量外)を振りかけて、表面の汚れを落とすように揉み、30分程度おく。

⑤海老をやさしく水洗いして、キッチンペーパーで水気を拭きとる。

⑥保存容器か密閉袋に海老を並べ、②と①、輪切り唐辛子を加え、24時間以上漬ける。

☆漬け込む野菜は、長ネギの代わりにスライスした玉ねぎでもOK。



お重に詰める時は殻付きのままの方が、見た目がきれいです。

手を汚さずにすぐに食べたい時は、殻をむいて、カイワレ大根などを散らして盛り付けます。

(1枚目の写真をご参照ください。)





閲覧数:81回

最新記事

すべて表示